野村不動産/「プラウドシティ稲毛海岸レジデンス」発売、坪単価121万円で集客

 野村不動産は、千葉市美浜区の複合開発でレジデンス街区「プラウドシティ稲毛海岸レジデンス」(総戸数555戸)の第1期222戸を5月28日から売り出す。最寄り駅から徒歩20分近くかかるものの、平均坪単価121万円という割安感を背景に事前問い合わせ3000件超、モデルルームへの来場者は約1000組と好調な滑り出し。

 同計画は、リーマン・ショック後に取得した公務員宿舎跡地約7・7ヘクタールに建設するもので、マンションと共用棟のクラブハウス(2階建て)、戸建住宅(265区画)を整備する。最寄りの稲毛海岸駅から徒歩17分。開発区域には商業施設のヤオコーが来年2月にオープンする。隣接地には小学校と保育所がある。

 マンションは、地上14階建てのレジデンスI(2棟構成・425戸)と11階建てのレジデンスII(130戸)で開発する。今回発売のI街区の価格は2340万~4290万円で、中心価格帯が2900万円台。間取りは3LDK~4LDK(73~100平方メートル)で、平均専有面積は81平方メートルとゆとりのあるプランを用意する。


公開日: 2011年5月27日