「地域を元気に!マスター」を発表/不動産流通近代化センター

 不動産流通近代化センターは19日、創立30周年記念事業「地域を元気に!マスター」表彰の審査結果を発表した。事業以外で社会貢献をしている不動産会社(従業員含む)を「地域を元気に!マスター」として表彰するもの。審査委員長は経済評論家の堺屋太一氏。

 大賞に選ばれた「希望が輝く都 SENDAI光のページェント」(高橋清文氏)ほか27事例がマスターとして認定された。高橋清文さんは仙台市内の賃貸管理会社社長。ページェントは同事業は昨年25周年を迎えた光の祭典として地域に根付いている。

 また、不動産コンサルティング技能登録者などを対象に、すぐれたコンサル事例を支援する「未来につながる不動産コンサルティング」の選考結果もあわせて発表。応募12件のうち、大阪不動産コンサルティング事業協同組合(大阪市浪速区)ほか5事業者が優れた企画構想として認められた。

 5月26日にはアルカディア市ヶ谷で表彰式典を実施する。 


公開日: 2011年5月20日