三菱地所/横浜MM21地区で11.6万平方メートルの商業施設開発着手

 三菱地所は5月20日から、横浜・みなとみらい21地区で計画中の「(仮称)MM21地区34街区商業施設開発計画」に着手する。地下4階地上6階建てで、同社の基幹商業施設として延べ11万6000平方メートルを開発する。店舗面積は4万3000平方メートル。地下はみなとみらい駅と直結。まだ、テナントは未定だが、エンターテインメントやレストラン、ファッション・雑貨、食品などで構成し、幅広いニーズに対応する。横浜市から湘南までを商圏とし、2013年4月のオープンを予定している。横浜美術館やグランモール公園前といった立地を生かして同エリアの新たな賑わい拠点を目指す。

 環境面にも取り組み、屋上・壁面緑化、テラスからの自然採光、建物中央部の吹き抜けを活用するほか、設備システムの効率化や電気自動車充電設備といった環境技術を積極的に取り入れてキャスビー横浜Sの評価を取得する考え。


公開日: 2011年5月17日