新日鉄都市開発/原宿マンション建て替え、来春分譲予定

 新日鉄都市開発と三井物産が組合員として参加している「原宿マンション建て替え事業」(地権者83人)が2013年9月の竣工を目指して着工した。総合設計制度を活用し、約1600平方メートルの公開空地を設けて5階建て4棟と4階建て2棟の団地型住宅(築54年)を、地下2階地上18階建て延べ2万6517平方メートルにする。

 総戸数は112戸から220戸に増え、両社は約150戸を取得して12年春から分譲を開始する予定だ。ゲストルームや多目的広場など共用施設の充実を図る計画。間取りは1LDK~4LDKで、専有面積が50~128平方メートル。従来の間取りは約35平方メートルの2DKタイプのみだった。

 場所は渋谷区神宮前3丁目で、地下鉄の外苑前駅から徒歩7分、表参道駅からも同9分の立地。新日鉄都市の10件目の建て替え事業となる。今回のプロジェクトの事業比率と地権者の転出者数は未公表。


公開日: 2011年5月17日