エイブルCHINTAI、被災家主を支援

 エイブルCHINTAIホールディングスは、東日本大震災に被災した家主を支援する。エイブルあるいはエイブル保証と取引している家主、また過去に取引した家主や今後取引が見込まれる家主が対象。

 支援内容は金融機関から融資を受けていて、所有物件(自宅を含む)を修繕する際の利息の一部をエイブルCHINTAIが負担する。負担額は融資開始後2年間分、一人最高50万円まで。


公開日: 2011年5月17日