野村不動産/ゴールデンウィークに首都圏で3物件を即日完売

 野村不動産がゴールデンウィーク期間中(4月29日~5月8日)に首都圏で発売した分譲マンションが相次ぎ即日完売となった。即完物件は「プラウド大井ゼームス」(品川区、総戸数164戸)、「プラウド本八幡」(市川市、同61戸)、「プラウド八王子」(八王子市、同48戸)。3物件とも主要ターミナル駅から徒歩5分以内に位置した交通利便性の良さに加え、周辺にスーパーや多彩な商品を扱う店舗、飲食店が集積する地元密着型の利便性に対しての評価が高かったという。

 これらの物件は2月より予約制事前案内会を開始。東日本大震災による計画停電など営業活動を一時見合わせることを余儀なくされたものの、同社では、最終的に3物件合計で約4000件を集客し、即完となったことで需要の底堅さを裏付ける結果になったとしている。


公開日: 2011年5月10日