コスモスイニシア/4~9月期連結業績予想、住宅販売好調などで赤字幅圧縮

 コスモスイニシアは25日、2011年3月期4~9月期連結業績の赤字幅が減少する見込みだと発表した。新築マンションと戸建住宅の販売が計画通りに推移していることに加え、開発事業用地を前倒しで売却できたことで、売上高が計画比約47億円、売上総利益が同13億円増加する。販管費も14億円削減でき、営業外損益が計画比で1億円改善する。

 売上高は期初予想比14.2パーセント増の377億円となり、営業利益が期初予想の38億円の赤字から11億円の赤字に、四半期純損益も同63億円の赤字から19億円の赤字へ圧縮する。


公開日: 2010年10月26日