「熱がこもる」「湿気が多い」、夏に家の造りで困ることを調査/ハイアス

 ハイアス・アンド・カンパニーが、10代~70代の男女1977人を対象に「夏に家の造りで困ること」をヒアリングしたところ、上位3位は「熱がこもる」(53%)、「湿気が多い」(46%)、「風通しが悪い」(40%)が占めた。同社では、熱がこもる原因としては、「住宅の断熱性能が不十分であることが考えられる」として、高断熱・高気密な住宅が普及することが望ましいとしている。


公開日: 2010年8月13日