三井不レジなど3社/4割が億ションの「パークコート麻布十番ザ タワー」竣工、8割契約済み

 三田小山町地区市街地再開発で建設を進めてきた高層分譲マンション「パークコート麻布十番ザタワー」が竣工した。三井不動産レジデンシャル、新日鉄都市開発、藤和不動産が2003年から参加組合員として参画していたプロジェクト。事業比率は三井不レジと新日鉄都市で40%ずつ、藤和不が20%となる。総戸数は440戸で、このうち360戸が販売住戸となる。08年12月から一般向け販売を開始し、これまでに約80%が契約済み。億ションが4割を占めており、平均坪単価が約500万円という高額物件だ。


公開日: 2010年5月27日