S&P/CMBS、2010年弁済分残高5561億円

 スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は5月18日、同社が格付けを付与している日本のCMBS案件の裏付けローン等のうち、2010年に弁済期日を迎える案件の4月末時点の残高総額が約5561億円となったと発表した。09年12月末時点の残高は約7832億円だった。4月には11本のローン等が弁済期日を迎えた。その内訳は4本が全額弁済され、1本が期日延長となり、6本がデフォルトした。


公開日: 2010年5月18日