住友不動産/新中期経営計画、累計売上高2.3兆円目指す

 住友不動産は12日、2011年3月期を初年度とする「第五次中期経営計画」を発表した。向こう3年間の累計で売上高2兆3000億円、営業利益4300億円、経常利益3200億円を計画する。過去3年間の実績に対しほぼ横ばいで推移。累計業績は増収ながら減益となるものの、最終年度には過去最高の業績を目指す。経営指標のND/Eレシオは4倍程度を目安にし、「既存株主の利益を毀損しないよう増資を必要としない経営体質にする」(同社)。ビル事業と分譲マンション事業の回復が鍵となる。

 第四次計画は、売上高・営業利益・経常利益の全てで3カ年ごとの増収増益を達成した。


公開日: 2010年5月13日