住友不動産・安藤太郎相談役が死去

 住友不動産相談役の安藤太郎氏が9日、老衰のため東京都内の自宅で死去した。享年100歳。通夜、葬儀は親族のみで執り行った。喪主は妻の満壽子(ますこ)さん。
 後日「お別れの会」を実施する予定。問い合わせは同社総務部(電話03・3346・1054)

 安藤氏は1910年(明治43年)1月3日、宮城県刈田郡七ケ宿町出身。34年東京帝国大学法学部法律学科を卒業後、住友銀行に入社。72年副頭取、74年住友不動産社長、85年会長、94年取締役相談役、08年相談役を務めた。

 団体関連では77年社団法人日本高層住宅協会理事長、79年社団法人高層住宅管理業協会会長、90年不動産・住宅産業団体連合会代表世話人を務めた。

 83年に勲二等旭日重光章、90年に勲一等瑞宝章を受章している。


公開日: 2010年5月12日