オリックス・大京/共同で新会社設立、マンションの電気料金を割安に

 オリックスと大京は、共同出資によりオリックス・パワーソリューション(東京都中央区・小原真一社長、資本金3億3900万円)を5月10日に設立する。新会社は、マンション全体で電力会社から一括で電力供給を受ける契約にすることで、コストメリットを生かし共用部分と専有部分の電気料金を低減するサービスを提供する。同サービスに必要な設備やメンテナンスに関してはオリックス・パワーが行うため、契約先のマンション管理組合や居住者が負担を強いられることはない。

 マンション管理事業を手掛ける大京アステージとジャパン・リビング・コミュニティが管理する首都圏の分譲マンションを中心にサービスの提供を始める。その後、順次、近畿や中部エリアへの展開を目指す。また、大京とオリックス不動産の新築分譲マンションにも同サービスを導入したい意向。


公開日: 2010年5月7日