中国投資家に日本の不動産売却セミナー/アジアビジネス再生支援機構

 アジアビジネス再生支援機構(大阪市北区、川村忠陸代表理事)は4月16日、東京国際フォーラムでセミナー「中国マネーを呼び込む新たな市場『上海連合産権交易所』~中国パワーのアジア席巻~」を開催する。15日には大阪の梅田センタービルでも同様のセミナーを開催する。

 同機構は、中国最大の財産権取引所である「上海連合産権交易所」の特別会員として、交易所への情報登録や情報収集を行うことができる国内では数少ない一般財団法人。不動産投資コンサルティングなどを手がけるデイグラン(大阪市西区)の岩城宏和社長が理事を務める。

 セミナー第1部では、機構の概要や交易所の説明について川村代表理事が講演。第2部では、交易所を通じて日本の不動産を売却する具体的な流れや、海外投資家が日本で不動産を購入した後の対応について岩城理事が説明する。セミナーの詳細や申込み方法は機構ホームページ(http://www.asia-saisei.org/)。


公開日: 2010年3月17日