大京/甲府市に商・学・住の大型複合施設、来月から住宅販売開始

 大京は、山梨県甲府に建設中の「ライオンズタワー甲府丸の内」のモデルルームを4月上旬に開設し、中旬から発売する。

 甲府紅梅地区市街地再開発組合が事業主となって進めている都市型住宅と商業、教育施設を誘致する再開発事業の一つ。甲府市が2013年の完成を目指して「甲府市中心市街地活性化基本計画」を115㌶の規模で進めており、甲府紅梅地区はその中核事業になる。

 同物件の規模は、地下1階地上20階建て延べ3万6400平方メートルの商・学・住の大型複合ビル。9~20階が住宅エリアとなり総戸数104戸。うち販売住戸は100戸。地下1~地上2階には商業施設21店舗を誘致する計画。3~6階は駐車場、7~8階には専門学校が入る。9階部分には、居住者用に約74平方㍍の多目的スペース(ラウンジ)を設置し、ラウンジの外には屋上庭園(スカイガーデン)を設ける。居住者用のエントランスとエレベーターを備え、一般の人と居住者専用階まで上がることができないようにする。

 住戸の間取りは2LDK~4LDKで、専有面積が60~130平方㍍。販売価格は1600万台~4900万円台を予定している。最多価格帯は3300万円台。オール電化をはじめ、複層ガラスなど環境に配慮した設備を導入し、省エネルギー対策等級で最高の4を取得。全戸ワイドスパン設計や、室内に梁が出ないボイドスラブ工法を採用する。

 JR中央線甲府駅まで徒歩7分で、敷地の3方には主要幹線道路が走り、中心商店街の中間地点に位置する。

 また、甲府市は、中心市街地の居住人口の増加を目的として基本計画区域内を対象に住宅取得にあたっての費用の一部を補助する。今回のプロジェクトでも購入契約金額の3%(限度額50万円)を助成する。受付期間は4月1日~13年3月31日まで。対象世帯は、法人を除く単身もしくは複数世帯。


公開日: 2010年3月2日