三井不動産/「ららぽーと豊洲」が環境省の省エネモデルに選定

 三井不動産グループが運営している商業施設「アーバンドック ららぽーと豊洲」が環境省主催の「平成21年度 省エネ照明デザインモデル事業」に選出された。ららぽーと豊洲は、パナソニック電工と共同で共用部における自然光に近い高演色性のLEDを採用し、すでに設置している間接照明との効果を生かしつつ全体の明るさを確保する照明提案をした。従来型の照明器具全3668台のうち771台をLED照明器具に交換することで、照明の消費電力が従来比約80%減の約19万4000㌔㍗/年になり、二酸化炭素(CO2)排出量換算では年間約74㌧の削減となる見込みだ。LED照明の導入は、今年12月を予定している。


公開日: 2009年10月21日