「日本版住宅価格指数」整備へ/国交省が報告書

 国土交通省は15日、不動産投資・流通市場の活性化のために「S&P/ケース・シラー住宅価格指数」のような指標の整備が必要だとする報告書をまとめた。精度の高い住宅指数を提供し、市場全体のトレンドを月次で把握することが可能になり、国内外からの投資家の呼び込みや、既存住宅流通の活性化、新たな関連金融商品の開発などに結び付ける。

 今後、年度内の試験配信の開始を目指し、指定流通機構などが体制整備など具体な検討に入る。


公開日: 2009年10月15日