所管産業の成長戦略会議を設置/住宅はリフォーム需要を喚起/前原国交相が方針

 前原誠司国土交通相は6日、国土交通省所管の各産業の成長戦略会議を設置する方針を明らかにした。戦略会議は、観光振興、オープンスカイ(航空自由化)、建設・運輸業の国際化、港湾の国際競争力強化の4つを柱に、産業の育成・成長力の強化を有識者などで検討する。
 前原国交相は「4つのテーマに限らず、所管産業すべてを検討したい。住宅産業は、着工戸数が1965年並みに低迷している」とした。さらに「(新築)住宅を買い替えるには厳しい経済情勢にある。リフォームにより新築同様の住宅を安価に取得することができる。どのようにすれば、需要を喚起できるのか。省内各局にも、それぞれ成長につながる戦略を洗い出すよう指している」と述べた。


公開日: 2009年10月6日