三菱地所など/新丸ビルに「次世代低炭素型技術実証オフィス」設置

 三菱地所と一般社団法人大丸有環境共生型まちづくり推進協会は10月5日、LEDを用いた知的照明と輻(ふく)射空調を世界で初めて複合導入した「次世代低炭素型技術実証オフィス」を新丸の内ビル10階に設置したと発表した。07年5月に開設した大手町・丸の内・有楽町地区の環境戦略拠点「エコッツェリア」のオフィス部分(180平方メートル)をリニューアルしたもので、照明と空調の2つの機能で快適性と省エネルギー性を両立するオフィス環境の実現を目指し1年間計測して性能評価をする。計測期間は今年9月~2010年9月まで。2010年度内に報告書をとりまとめる。


公開日: 2009年10月5日