マンション標準管理委託契約書を改定/国土交通省

 国土交通省は、「マンション標準管理委託契約書」を改定した。今年5月に公布されたマンション管理適正化法施行規則の一部改正令で分別管理関連が変更されたことに対応する。標準契約書の改定は6年半ぶり。

 改定内容は、財産の分別管理について、従来の原則方式・出納代行方式・支払一任代行方式の分類を廃止し、「出納口座」「保管口座」「出納・保管口座」による管理に変更。管理会社が管理する金銭の保証契約の内容を盛り込んだ。長期修繕計画の策定は、業務内容の独立性が高いとして、別契約を原則とした。また、06年の宅建業法の重要事項説明項目の追加に伴う情報提供や、個人情報保護の規定なども追加した。


公開日: 2009年10月2日