東急不動産/総戸数36戸「ブランズ中野南台」を10月中旬販売

 東急不動産は、「ブランズ中野南台」(総戸数36戸)を10月中旬から発売する。販売価格は未定。地下鉄の中野富士見町駅から徒歩11分に供給する。規模は、地上13階建て延べ2632平方メートル。間取りは2DK~3LDKタイプで、専有面積が43~66平方メートル。来年6月上旬に竣工する。

 同マンションでは、購入者が施工段階からエントランスの内壁面に塗装できるサービスを導入する。壁の塗装仕上げをマンション住人が行うことで、共用空間にも愛着を持ってもらい、都市部に不足がちなコミュニケーションを入居前から促進する効果を狙う。

 また、エントランス西側には壁面緑化を施す。壁面緑化の主流だったシダやツタ類から植栽パネルを用いた緑化システムを採用する。ガス・水道・電気、共用部・専用部などで省エネ仕様の設備を随所に導入し、二酸化炭素(CO2)排出量をマンション全体で年間約19パーセント(12トン)削減する。

 電動アシスト自転車のレンタルサービスも導入する。


公開日: 2009年8月31日