東京都内の大規模土地取引件数、ここ10年で最小

 東京都は8月27日、昨年の都内の土地取引や住宅販売状況などをまとめた「東京の土地2008」を発表した。資料によると都内の大規模土地取引の届出件数と面積はともに、ここ10年間で最も少なかった。昨年の大規模(2000㎡以上)土地取引届出件数は523件で、07年から100件減少した。届出件数は2000年から4年連続で減少を続けた後、04年から07年までは増加と減少を繰り返していた。


公開日: 2009年8月27日