次世代省エネ適合住宅、シェア高まる 木住協調べ

 (社)日本木造住宅産業協会は、08年度の住宅着工アンケート調査の結果をまとめた。調査対象は会員316社で、291社から回答を得た。回収率は92.1%。

 会員住宅の着工戸数は5万5475戸(前年度比6.9%減)となった。うち戸建てが5万4612戸(同7.1%減)で、全国の戸建て住宅着工戸数に占める木住協会員のシェアは12.5%(同0.8ポイント低下)だった。景気後退により中堅会員の退会が続いたのが要因としている。

 また、06年度から調査している次世代省エネルギー基準適合住宅の割合は年を追うごとに上昇している。08年度は2万3255戸(同10.2%増)となり、シェアは42.6%(同6.7ポイント上昇)まで拡大。調査開始から3年目で初めて4割を超えた。「環境問題への関心の高まりと連動して堅調な推移になっている」(木住協)。


公開日: 2009年8月20日