太陽光発電の普及を目指すフォーラムで資源エネルギー庁長官らが講演

 太陽光発電の普及を目指した「ソーラータウンフォーラム」(毎日新聞社主催)が8月3日、東京・千代田区の丸ビルで行われた。

 石田徹資源エネルギー庁長官が「低炭素社会の実現をめざして-太陽光発電の導入拡大-」と題して特別講演。石田長官は太陽光発電を巡る国の施策を紹介した上で、「太陽光発電システムは産業としての裾野が広く、さまざまな効果を生む。1~2年で1万人の新規雇用を生む試算だ」と、環境だけでなく経済への効果も強調した。

 また、東京大学気候システム研究センター副センター長の木本昌秀教授が「温暖化の最新分析」をテーマに基調講演した。
 
 その後、有識者を集めて「ソーラーイノベーション」をテーマにパネルディスカッションを行った。経済産業省総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会長の柏木孝夫・東京工業大学統合研究院教授、(社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会・辰巳菊子常任理事、一般社団法人太陽光発電協会・杉本完蔵幹事、フリーキャスターの根本美緒さんの4人がパネリストとなり、太陽光発電普及へ向けての課題などについて意見交換した。


公開日: 2009年8月4日