大京など4社/大阪・三島で556戸、健康支援マンション開発

 大京、近鉄不動産、住金興産、長谷工コーポレーションの4社は、「ライオンズガーデン水無瀬グランリバー」(総戸数556戸)の販売を8月7日から始める。マンションギャラリーをオープン中。今回は第1期分38戸を売り出す。間取りは2LDK~4LDKで、専有面積が2400万円(1戸)~5170万円(1戸)となり、最多価格帯が3300万・4100万円になる。現在、大阪府三島郡島本町で建設を進めており、来年9月末に竣工する。

 建物は地下1階地上15階建て。敷地面積2万3700平方メートルの広大な敷地に、A棟からE棟まで全5棟をV字に配した北摂エリア最大規模のマンション556戸を開発する。専有面積は57~101平方メートル、間取りは1LDK~4LDKの多彩なプランを用意。駐車場台数560台分を確保する。安全面として、携帯電話を利用したセキュリティ通知や遠隔操作を導入。居宅侵入など異常を感知すると自動通報して必要に応じて出動し、出動をメールで知らせるシステムを取り入れる。大阪府防犯モデルマンションの登録を予定している。


公開日: 2009年8月4日