首都圏の不動産価格、宅地・マンションともに2年ぶり上昇/三井不動産販売

 三井不動産販売は23日、住宅地・中古マンションの価格動向を定点調査した「リハウス・プライスリサーチ」を発表した。

 09年4-6月期は、住宅地が1-3月期比0・1%増、中古マンションが同0・2%増とともに2年ぶりにプラスとなった。価格に底打ち感が出た格好で、同社では「エリアによりばらつきはあるものの、住宅地・マンションとも今後しばらく横ばい傾向が続く」と見ている。


公開日: 2009年7月23日