穴吹工務店/社長直轄の新組織の初弾物件が広島で来月着工

 穴吹工務店は7月1日付で社長直轄となる新組織「ソリューション営業部」を設置し、マンション用地取得から企画・設計・施工・販売などまで自社一貫システムを活用し法人・個人が保有する土地に分譲・賃貸マンション開発による土地活用の提案を本格的化する。年間500~600戸(100億円)の規模にまで拡大する。大都市圏や地方圏を問わずに情報収集して事業化に結びつける。また、デベロッパー破たんにより、中断したマンション開発の再生事業も積極的に進める。

 8月1日には、新組織の初弾物件となる「サーパス皆実町ネオスタイル東館」(広島市、総戸数74戸)の工事に着手し、9月から販売を始める。同物件は土地を持ち込み新日石不動産が事業主として開発するもの。


公開日: 2009年7月16日