新築物件サイト、会員制で指値も可能/アトラクターズ・ラボ

 アトラクターズ・ラボ(東京都千代田区、沖有人社長)は、運営する住宅購入検討者向けの会員制ウェブサイト「住まいサーフィン」内に、売主への指し値ができる新築マンション広告を7月中にも掲載開始する。広告はサイト会員しか見ることができないため、売主側は公にしにくい値引き情報などを購入意欲の高い消費者にアプローチできるメリットがある。

 値引き物件の広告サイトを「サーフィン」内に設置する。ユーザーは指し値したい物件を選択し、具体的な金額を通知すれば売主が値引きが可能かどうかを判断する仕組み。売主の費用負担は、サイト作成料(1物件あたり10万5000円)のほか、成功報酬として来場予約で1件あたり5万2500円、成約は同31万5000円が必要となる。

 「サーフィン」は13万5000人が登録している不動産情報サイト。


公開日: 2009年7月10日