2×4工法による大型建築物の事例研究セミナー 日本2×4建築協会

 (社)日本ツーバーフォー建築協会は7月31日に東京・西池袋の自由学園明日館講堂で初めての「ツーバイフォー大型建築事例研究セミナー」を開催する。

 04年4月に一定仕様の枠組壁工法(ツーバイフォー工法)について、耐火構造として国土交通大臣認定を受けてから5年が経過。ツーバイフォー工法の大型建築物について実務家や学識経験者を講師として招き、現状と今後の留意点に関する事業者向けのセミナーを実施することとした。

 東京都市大学工学部建築学科の小見康夫准教授が「諸外国の大型木造建築物」をテーマに基調講演。このほか吉高綜合設計コンサルタント・吉高久人代表、鹿島建設建築設計本部・小川浩マネージャー、独立行政法人建築研究所材料研究グループ・山口修由主任研究員がそれぞれ講演。その後4氏が「ツーバイフォー大型建築物の今後の可能性」と題した座談会を行う。


公開日: 2009年7月10日