住宅の瑕疵・不具合相談、4月から6月に1115件/国土交通省

 国土交通省は9日まとめた「住宅の瑕疵・不具合」(戸建・マンション、持家、賃貸を含む)についての消費者からの相談は、09年4月から6月に1115件、供給1000戸あたり4.29件に相当することが分かった。

 不具合の内容は「雨漏り」「ひび割れ」「はがれ・はずれ」「漏水」などが多く、「傾斜」や「隙間」なども目立つ。部位別では、「床」「外壁」「内壁」「開口部・建具」が多かった。
 住宅品確法に基づく住宅紛争処理支援センター((財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター)に寄せられた相談を分析した。

 国交省では「今後四半期ごとに集計し、より円滑な紛争解決、瑕疵・不具合の予防に役立てたい」としている。


公開日: 2009年7月9日