三菱地所/同志社大と共同で知的照明システムの実験開始

 三菱地所と同志社大学は4月1日から、「知的照明システム」の実証実験を大手町の菱地所本店の2部署計235平方mで開始する。同大が研究実用開発を推進してきた同システムの実務スペースへの導入は世界初。実験期間は来年3月31日まで。同年7月をメドに同大・三木光範教授が報告書をとりまとめる。
 知的照明システムは、人が快適と感じる照明の照度・色温度を机上のパソコンと照度計によって個別に設定・制御し、それぞれに応じた照明環境を実現するもので、菱地所は実証実験を踏まえ、オフィスビルへの同システム導入の可能性を検討する。


公開日: 2009年4月1日