本体価格550万円の戸建商品を発売/アキュラホーム

 アキュラホームは創業30周年を記念して「一戸建て応援プロジェクト」をスタートする。1976~1979年にかけて建設省(現・国土交通省)と通産省(現経済産業省)が提唱した「ハウス55」の「低廉かつ良質な戸建住宅の供給」という趣旨をベースにしている。
 その一環として4月1日から5月25日まで期間限定で本体価格550万円の戸建商品「新すまい55」を発売。スケルトンインフィルを採用した間取り自由の企画住宅として、団塊世代夫婦と若い世代の夫婦向けの2タイプを用意した。団塊世代向けには、オール電化、床暖房を標準装備した48・74平方mの平屋建て、若い世代には壁面大収納のある60・39平方mの2階建てをプランニングした。


公開日: 2009年3月5日