売上高が5.2%減少 積水ハウス・連結決算

 積水ハウスの09年1月期連結決算は売上高1兆5141億7200万円(前年比5・2%減)、営業利益739億6000万円(同32・6%減)、経常利益770億7200万円(同32・4%減)、当期純利益115億1600万円(同80・9%減)となった。
 戸建て注文住宅の受注戸数は1万2514棟(同7・9%減)、受注高は4077億2100万円(同7・4%減)。鉄骨が9483棟(同11・2%減)・3074億9600万円(同10・9%)だったのに対して木造のシャーウッドが3031棟(同3・9%増)1002億2400万円(同5・5%増)となった。「一次取得者層の取得環境が厳しい中で、鉄骨に比べて平均棟単価が200万~300万円高いシャーウッドが動くというのは富裕層のニーズが活発になっているということだ」(山口英大執行役員コーポレートコミュニケーション部長)。
 集合のシャーメゾンは5537棟(同8・0%減)だったものの、3階建てや4階建てなど大型物件の増加により受注高は2686億4200万円(同2・1%増)となった。


公開日: 2009年3月3日