森ビル/構造計画研究所と超高層避難計画シミュレーションシステム開発

 森ビルは、構造計画研究所と共同で、超高層ビルで火災が起きた場合に、避難計画の検討が可能なシミュレーションを開発、共同で特許出願を行った。
 開発したシステムでは、ひとり1人行動計画を緻密にモデル化し、個々がその場の状況に応じて意思決定を下し行動ができる状態状態を再現し、現実に即した形でシミュレーションができるのが特徴だ。避難誘導の方法や避難時ルールの周知度による影響の予測が可能であるほか、障害者や高齢者など避難弱者を含めた個人の特性を考慮した避難計画を作成することができる。


公開日: 2008年7月30日