新ブランド戦略の第2弾商品発売 S×L

 エス・バイ・エルは戸建て新商品「MOO:ムー」を7月20日に一部地域を除く全国で発売した。4月に投入した「光風」に続く新ブランド戦略「ジャパニーズ・モダン宣言」に基づく第2弾商品となる。
 「何世代にもわたって暮らし継がれる」をコンセプトに、長期優良住宅要件案を先取りして商品化したのが大きな特徴。耐震・耐久性や空間の可変性、メンテナンスシステムの充実に力点を置いた。劣化対策等級は最高等級の3。おおむね、3世代が構造の大規模改修不要で住むことができる。建物内は壁体内換気システムと外壁通気構法の両方を採用して、耐久性を高めている。
 外観は切妻妻面をメーンに日本の住まいイメージを具現化。「和」をアクセントとしたシンプルモダンのデザインが特徴だ。外壁に採用した無機質セラミックタイルは、色あせやひび割れの原因となる紫外線に強く、耐候性が高い。
 プランニングに関しても、間仕切り収納などで可変性を高めた。ライフステージの変化による生活スタイルの移り変わりへの対応も提案していく。
 首都圏での1坪当たりの販売価格は64万2000円から。カスタム仕様の場合は45万7000円からとなる。


公開日: 2008年7月15日