三菱地所/シンガポール法人と共同でサービスアパートメント着手

 三菱地所は7月10日から、京都市でシンガポール法人のアスコットと共同でサービスアパートメント「(仮称)シタティーン京都五条」の工事に着手する。
 京都への海外からの来訪者をメーンターゲットに、両社が出資するSPCが開発する。地下1階地上10階建てでスタジオタイプを中心に全126室となる。専有面積は25~27平方㍍。周辺のホテルよりも割安で広めの部屋を提供することで、海外からの来訪者のみならず国内出張者を含め、数日~2週間程度の滞在ニーズに応える。
 場所は、京都市営地下鉄の五条駅から徒歩1分。


公開日: 2008年7月9日