旧「フェヤーモントホテル」跡地の最上級グレードマンション、5月10日モデルルームオープン

 三井不動産は5月10日、旧「フェヤーモントホテル」跡地の最上級グレードマンション「パークマンション千鳥ケ淵」のモデルルームをオープンする。登録開始は5月24日から。\n 営団地下鉄九段下駅から徒歩8分。敷地面積は約2180平方メートルで、総戸数64戸。地下2階・地上15階建て。専有面積は約84~335平方メートル。販売価格は1億6200万~13億5000万円。\n コンセプトは「日本が誇れるマンション」。「ハード面・ソフト面において最高レベルを極める」(同社)ことを目指す。リビング天井高を約2.7~3メートルとし、開放的な居住空間を実現させるほか、共用部については現代の「匠」の技を持つ一流の職人による仕上げを施していく。竣工は来年6月予定。同マンションギャラリーでは、5月1~9日まで、「住空間デザインコンペ」最優秀受賞作品(廣田デザイン時事務所)を一般公開する。\n なお、3月中旬から一部先行販売を始めているが、すでに37戸について購入予定者が決まっている。\n


公開日: 2003年4月30日