三菱地所ホーム、エアロテック搭載率60%に

三菱地所ホームが開発・採用を進めている全館冷暖房換気システム「エアロテック」の搭載率が、昨年度は全受注の60%に達した。累計では3000棟を超えた。エアロテックは1995年の発表以来、同社の差別化戦略の武器として普及を進めているもの。鯉沼宏治社長は「建築基準法改正など追い風も吹いているので、今後はエアロテックに力を入れて差別化を図る」としている。また、「近い将来、標準仕様にしたい」とも語った。


公開日: 2003年4月15日