民間マンションで初めての「環境共生住宅」認定 大京「フォレストレイクひばりヶ丘」

 大京は4月12日、民間マンションで初めて「環境共生住宅」認定を受けた「フォレストレイクひばりヶ丘」(西武池袋線ひばりヶ丘駅からバスで6分、総戸数381戸、敷地面積約5万8000平方メートル)の「フォレストフィールド」の第1期販売を始める。\n 販売戸数は54戸で、間取りは3~4LDK。専有面積は約85~116平方メートル。最多価格帯は3700万円台。「フォレストレイクひばりヶ丘」はA~N棟の14棟構成で、このうちH~N棟が「フォレストフィールド」に当たる。


公開日: 2003年4月8日