「健康住宅」の研究会発足/国交省

 国土交通省は18日、健康を維持・増進する学術的裏付けのある住宅の研究を目指した「健康増進住宅研究委員会」(委員長=村上周三・慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科教授)を設立した。省庁や学問の垣根を取り払い、多角的な立場・視点で住宅環境の研究を総合的に推進する。


公開日: 2007年7月18日