オリックスと大京が初のJV

 オリックス不動産と大京は共同で大規模複合開発型分譲マンション「亀戸レジデンス」(江東区亀戸、700戸)を10月から販売する。オリックスグループと大京の初の共同事業(JV)で事業比率は50対50。分譲マンションのほかに有料老人ホーム、認可保育所、クリニックなどを併設する複合開発となる。
 同物件はJR総武線平井駅徒歩11分で旧中川と亀戸中央公園に接した立地。敷地面積は2万平方㍍を超え、公園や川との連続性を意識した外観デザインを計画している。
 住戸は専有面積70平方㍍台から130平方㍍台で、販売価格は70~80平方㍍台で5000~6000万円が中心となる。モデルルームは9月オープン予定。


公開日: 2007年7月12日