地盤調査・保証のジャパンホームシールド、昨年の売上高は27億円

 地盤調査・保証を手がけるINAXトステムグループのジャパンホームシールド(大久保三郎社長)の昨年実績は、受注件数約1万7000件、売上高27億円、経常利益2億円だった。累計の調査・保証件数は8万件を超えた。\n 同社は90年に業務を開始。提示した基礎仕様計画に基づいて施工した住宅に対し、不同沈下事故が発生した場合、最高5000万円まで保証する。アイフルホームテクノロジーや地場工務店を中心に沖縄を除く全国から業務依頼を受けている。


公開日: 2003年4月2日