三井不動産販売が沖縄に進出

 三井不動産販売が沖縄に進出する。1月26日に沖縄営業所を開設し、全国ネットワークの拡充・事業機会拡大を図る。
 現在、北海道、東北、首都圏、名古屋、関西、中国、九州の各エリアで営業所を展開。沖縄県は、05年度に人口増加率が全国でも上位になるなど、移住者数が激増。さらに多くの本土企業が進出している。そこで駐車場や不動産流通市場を展開する同社が将来性に注目した。
 沖縄営業所では、地元業者と連携して駐車場事業、不動産流通事業を展開する。
 車社会である沖縄県内では現在、都市部における駐車場インフラ整備が重要課題となっており、同社の「三井のリパーク」事業において今後拡大が見込める市場と判断した。
 また、不動産流通事業では、ブームとなっている本土から沖縄への移住やセカンドハウス取得希望者への対応、沖縄進出希望の企業への事業用地紹介などを中心に展開していく。


公開日: 2007年1月24日