免震システム認定を適用範囲拡大 三井ホームの木造建築物用免震システム「M-400」

 三井ホームはこのほど、木造住宅用免震システム「M-400」について、国土交通大臣の免震システム認定の適用範囲を拡大し、認定を更新。1月20日から運用を開始した。
 これにより、免震システム認定を利用するには従来2.7mまでだった階高制限が3mまでとなった。
 同システムは、鹿島建設と共同開発した、木造住宅用としては国内初の免震システム。転がり方式免震支承で、対応階数は平屋・2階建・3階建て。また医院建築などにも対応できるものとなっている。


公開日: 2007年1月22日