袖山靖雄常務が社長昇格/東急リバブル

 東急リバブルは4月1日付で、袖山靖雄(そでやま・やすお)常務の社長昇格を発令した。6月24日の株式総会後に就任予定。三浦正敏現社長は、取締役相談役に就任する予定。戦後生まれの袖山氏により、経営トップの若返りを図る。\n 袖山新社長は、昭和22年新潟県生まれ。青山学院大学経済学部卒。45年東急不動産入社、55年東急不動産地域サービス(現東急リバブル)出向。平成8年取締役、11年常務、現在常務取締役流通第二本部長。\n


公開日: 2003年3月28日