東急不動産、経常利益を上方修正

 東急不動産はこのほど、2007年3月期中間期連結業績予想数値で、売上高を3億円減の2497億円、経常利益を39億円増の199億円、当期利益を31億円増の81億円と修正した。
 不動産販売業で投資家向け物件の引渡しが下期にずれたことなどから、売上高を下方修正したものの、賃貸業、リゾート会員権販売の好調、東急リバブルの増益、ゴルフ会員権販売の好調などのため上方修正を行った。


公開日: 2006年10月27日