シンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ 07年中間期・通期業績を上方修正、市況好調が追い風に

 不動産ファンド運営のシンプレクス・インベストメント・アドバイザーズは2007年3月期の業績予想(中間期・通期)を修正した。それによると通期業績は売上高405億円(期初予想比5・1%増)、経常利益110億円(同26・4%増)、当期純利益62億円(同21・5%増)の見通し。中間期は売上高153億円(期初予想比28・5%増)、経常利益46億円(同70・3%増)、純利益25億円(同56・2%増)。中間期は市況の上昇で不動産売却価格と賃料収入が増加したための上方修正。通期は売却予定物件の組替えの結果、利益率が向上するため業績修正した。


公開日: 2006年10月24日