高齢者住み替え支援モデル事業を創設-横浜市

 横浜市は10月2日、高齢者住み替え支援モデル事業を創設した。高齢者世帯が優良賃貸住宅に住み替え、それまでに住んでいた自宅を、協力管理会社を通じて子育て世帯に賃貸するもの。高齢者世帯にとっては、住宅や庭の管理負担を解消しバリアフリー住宅に住むことができ、子育て世帯にとっては世帯向け住宅を低廉な家賃で借りることができる。
 対象となる高齢者は、60歳以上の単身者または夫婦などで、市内に住宅を保有していること。基本的には床面積55平方メートル以上で現在の耐震関係規定に適合している住宅だが、市の耐震改修促進事業を利用して適合させることもできる。
 高齢者は、協力管理会社と賃貸契約を結び、協力管理会社が子育て世帯に転貸する。


公開日: 2006年10月6日