日本綜合地所グループとして初の関西エリアでの新築マンション

 日本綜合地所の子会社、日綜不動産は10月7日、日本綜合地所グループとして初の関西エリアでの新築マンション「ギャラリーコート彦根」(滋賀県彦根市、総戸数69戸)を発売する。
 JR「彦根」駅より湖国バス城北循環線約19分「馬場」バス停から徒歩1分のところに所在。敷地面積は約3117m2。地上7階建て。
 現地は彦根城周辺を中心とする「都市景観形成重点地区」に近接しているため、全体計画では茶褐色の洋瓦(スパニッシュ瓦)を用いた勾配屋根やアーチの列柱を施したコリドールなど、同社ならではのヨーロピアンテイストを取り入れつつ、建物の高さや色彩等、周囲の景観にも細やかな配慮を行い、地域との調和に努めていく。


公開日: 2006年10月5日