中間業績予想を上方修正 小田急不動産

 小田急不動産はこのほど、07年3月期中間期連結業績予想において、経常利益を6億3000万円増の7億4000万円に、当期純利益を3億7000万円増の4億7000万円に、それぞれ上方修正した(売上高は124億円のまま)。
 その要因として、土地建物賃貸業での稼働率の向上と仲介斡旋業が順調に推移したことで、当初の予想より経費が抑えられたためとしている。


公開日: 2006年10月2日